借り換え・おまとめローンの商品比較はこちら

総量規制とは?

2010年6月18日、改正貸金業法が完全施行され、総量規制が導入されました。
総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

総量規制がスタートすると、具体的には以下のような影響があります。
貸金業者から年収の3分の1を超える借入ができなくなる
・年収の3分の1を超える借入がすでにある場合には、貸金業者から新規の借入れができなくなる

銀行ローンは総量規制の対象外

現在、消費者金融やクレジットカード会社からの借入を利用している方にとっては、とても大きな制度変更ですよね。それでは、この制度変更に対して、何か対策を取ることはできるのでしょうか?

答えはYESです。どういうことかと言うと、この総量規制、規制の対象とならない借入が存在するのです。もう少し詳しく説明すると、総量規制は貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社等)からの借入れを対象としています。逆に言うと、貸金業者以外(銀行)からの借入は貸金業法の規制(総量規制)の対象外なのです。したがって、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1であったとしても、銀行からの借入であれば総量規制には抵触せず、お借入をすることが可能なのです。

銀行ローンの中でも借り換えローン・おまとめローンがオススメ

そしてもう一つ、今回の制度変更を機に合わせて検討したいのが、計画的な返済・完済の方法です。借り換え・おまとめローンは、返済の面から見て、以下のメリットがあります。

・借入上限が大きいため、借入を一本化することにより、返済管理の負担軽減が図れる
金利が比較的低いため、利息の負担軽減が図れる

銀行ローンの中でも「借り換えローン・おまとめローン」を活用すると、予め決められた一定額を毎月計画的に返済していくことになります。いつでも追加借入が可能なカードローンとは異なり、「借り換えローン・おまとめローン」は毎月一定額の返済を行うことになるため、これまでなかなか思うような返済が行えなかった方でも計画的な返済を行うことが可能です。

借り換え・おまとめローン選定ポイント

☆できるだけ低い金利設定のローンを探しましょう。
⇒下限金利も重要ですが、最下限金利の適用者はあまり多くないため、上限金利にも重きを置いて上限下限で平均値の低い金利のローンを選定すると良いでしょう。
☆返済期間が長く、繰上げ返済可、返済期間に縛りがないローンがオススメです。
返済期間にはゆとりが持て、また返済できる時には多く返済ができるローンで完済を目指しましょう。
☆上限金額が自分の借入残高に適したローンを選びましょう。
⇒他社借入を借り換え・おまとめできる上限金額があれば問題ないでしょう。

借り換え・おまとめローン選定ポイント

オリックス信託銀行<バンクプレミア>

オリックス信託銀行<バンクプレミア>

年利(固定) 5.0%~13.5% 借入上限金額 500万円
返済期間 最長8年

安心のOrixグループで返済期間最長8年、上限下限金利のバランスがとれており、上限金額も500万円と、まさに借り換え・おまとめに適した当サイト申込No.1のローンです!来店・口座開設不要、全国対応、インターネットでは24時間受付可能です
※年収500万以上の方が対象となります。

公式サイトはこちら

※郵送書類はもちろん「オリックス信託銀行」の封書で届くので、家族などに心配をかけることもないでしょう。(ちなみに、必要書類の送付先には職場を設定することもできます。)

東京スター銀行

商品名 スターワン借換ローン
実質金利 5.8%~14.8%
借入上限金額 1000万円
返済期間 7年

CMでおなじみの借り換えローン。借入上限金額1,000万円と大口のおまとめをご希望の方にオススメします!
※年収200万以上の方が対象となります。

公式サイトはこちら

関西アーバン銀行

商品名 おまとめローン(無担保型)
固定金利 6.8%~14.5%
借入上限金額 300万円
返済期間 最長7年

※年収200万以上の方が対象となります。不動産担保型のローンでは何と2,400万円までのおまとめが可能になります!

公式サイトはこちら

三井住友銀行

商品名 三井住友銀行カードローン
実質金利 年5.0%~14.5%
契約
極度額
最高500万円まで
返済期間 5年ごとの自動更新

おまとめローンではなく出し入れ可能なカードローンとなりますが、返済意志の強い方はメガバンクの安心感と低金利でオススメです!

公式サイトはこちら

オリックス信託銀行<バンクプレミア>